AD-J.com
にゅうす



『永井一史――HAKUHODO DESIGN 「ブランドとデザイン」』開催

〜ギンザ・グラフィック・ギャラリー 第240回企画展(5/9〜5/30)〜

大日本印刷株式会社(本社:東京 社長 :北島義俊 資本金:1,144億円以下:DNP)は、東京・銀座ギンザ・グラフィック・ギャラリー(以下:ggg)にて、第240回企画展『永井一史――HAKUHODO DESIGN 「ブランドとデザイン」』を、2006年5月9日〜5月30日に開催します。

gggは、DNPがグラフィックデザイン専門のギャラリーとして1986年に開設したもので、今年開設20周年を迎えます。DNPは、gggのほか、大阪・堂島にdddギャラリー、福島・須賀川に現代グラフィックアートセンター(CCGA)を開設し、3つの拠点で、国内外のデザイナー、クリエイターの作品を広く紹介してきました。また、2000年秋より、日本の優れたグラフィックデザイン作品の数々を、デザイナーなどの情報とともに体系的に収集保存し、文化的資産として次世代に継承することを目的としたDNPグラフィックデザイン・アーカイブの活動も行っています。

これら、グラフィックデザインに関するDNPの活動の一環として、gggにて、下記の通り、『永井一史――HAKUHODO DESIGN』を開催します。

【永井一史――HAKUHODO DESIGNの概要】
永井一史が代表取締役社長を務めるHAKUHODO DESIGNは、2003年5月に設立され、企業のブランド戦略立案から、世の中にそれを伝えるデザイン制作まで、一貫して行うブランド・コミュニケーションの専門会社です。ブランド戦略というカタチのないものを、デザインの持つ可能性を生かしてカタチにし、VI(ビジュアルアイデンティティ)、店舗やパッケージのデザイン、webコンテンツや様々な広告媒体への展開などを行っています。日々変化する環境の中で、企業と生活者をつなぐコミュニケーションを通じて、ブランドの一貫性を保つことを仕事の目標にしています。この展覧会は、永井一史とHAKUHODO DESIGNの仕事を紹介し、デザインによるブランド・コミュニケーションの可能性を紐解くものです。

【展覧会の概要】
■タイトルギンザ・グラフィック・ギャラリー第240回企画展
永井一史――HAKUHODO DESIGN「ブランドとデザイン」
■会期2006年5月9日(火)〜5月30日(火)※日曜・祝祭日休館
11:00am〜7:00pm(土曜日は6:00pmまで)※入場無料
■会場ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
〒104-0061中央区銀座7-7-2DNP銀座ビル
(www.dnp.co.jp/gallery)(tel:03-3571-5206)
■ギャラリートーク
日時:2006年5月19日(金)6:30〜8:00pm
出演:中島信也(東北新社・映像ディレクター)+永井一史
会場:DNP銀座ビル5階会議室
(定員70名、事前要予約・入場無料)(tel:03-3571-5206)
■オープニングパーティ
日時:2006年5月9日(火)5:30〜7:00pm
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
■同時刊行「ggg Books - 75 永井一史」
発行:ギンザ・グラフィック・ギャラリー
販売:株式会社トランスアート
(税込1,223円、B6判、64ページ、オールカラー)
※トランスアートオンラインショップでも販売予定(www.transart.co.jp)

【永井一史(ながいかずふみ)略歴】
1961年東京生まれ。1985年多摩美術大学美術学部デザイン学科卒業後、同年株式会社博報堂入社。アートディレクター、シニアクリエイティブディレクターを経て、2003年5月、戦略から広告までトータルにブランディングを手がける、株式会社HAKUHODO DESIGNを設立し、代表取締役社長に就任。
東京ADC賞、JAGDA新人賞、日経広告賞グランプリ、フジサンケイグループ広告大賞、2004クリエイター・オブ・ザ・イヤー、2005東京ADC賞グランプリなど多数受賞。東京ADC会員、JAGDA会員。

 

■Books
(キーワード検索)

Copyright(C) 2001-2004 COSMOS.inc All RightsReserved