AD-J.com
にゅうす



『Open Developer SOA Center』をオープンライセンスでリリース

〜SOAを実装する為のコンポーネント指向開発&稼動環境〜

メディア情報開発株式会社(東京都港区虎ノ門、代表取締役社長 山田隆信、資本金1億9千560万円)は、SOAを実装する為のコンポーネント指向開発&稼動環境『Open Developer SOA Center』を、4月1日オープンライセンスでリリースします。

Open Developerでは、コンポーネント指向技術を全面的に採用することによって、従来のソースコードプログラミングとは全く違った開発手法を確立しました。コンポーネント部品の組み合わせによってシステムを構築していくのと同時に、既存のシステム資産から「サービス化されたビジネス・プロセス」を上位のコンポーネント部品として切り出しながら再利用することによって、業務プロセスの変化に柔軟に対応することを目指したSOAを実装面でサポートします。これにより、高い開発生産性が期待出来ると同時に、システム品質や運用保守性の観点においても飛躍的な向上を実現します。

メディア情報開発ではOpen Developerの利用ライセンスを無償で提供することによって、オープンソースムーブメントを推進すると共に、Open Developerが採用している革新的なコンポーネント指向開発手法を普及させることを目指します。

■『Open Developer』のアーキテクチャ概要
Open Developerでのプログラム開発工程は、プログラミングではなく、コンポーネント部品の組み立て作業になります。受発注、在庫管理、経理、人事給与など、いわゆる業務系システム開発におけるプログラミング工程そのものを、家電製品などの製造業と同様に、アセンブリ組み立てレベルに単純化することを可能にした点が大きな特長となっており、業務仕様の伝達が最大の問題点とされている中国などでのオフショア開発をきわめて合理的に推進出来ます。

■『Open Developer』が提供する機能
いわゆる「2007年問題対応」として現在急増しているシステム再構築プロジェクトでは、.NETアプリケーションなどによる高機能なリッチクライアントPC画面と、信頼性の高いLinux もしくはUnixサーバとの連携がアーキテクチャの主流になりつつあります。Open Developerでは、MVCアーキテクチャの採用によって、クライアント/サーバ型システム資産や汎用機レガシーシステムのビジネスプロセスを最小限の組み換えで再利用しながら再構築することが可能になります。

また、.NETアプリケーションの稼働環境として必須となるWindowsサーバOSのライセンスやクライアントライセンス(CAL)、もしくはSQLサーバライセンスなどの購入が必ずしも必要ではなくなり、事実上すべての稼働環境をオープンライセンスで利用することが可能になります。

■『Open Developer』のビジネスモデル
Open Developerのライセンスは無償で供与され、全てのコンポーネントモジュールはオープンソースとして公開されます。メディア情報開発では、Open Developerのサポートサービスを有償で提供すると共に、お客様の手掛けるSIプロジェクトにおけるコンサルティング及びシステム開発支援作業を、提携先のオフショアSIerとの協業でご提供します。また、初年度の売上額として30億円を見込んでおります。

■採用SIer
株式会社NTTデータ(現株主)、株式会社NTTデータ関西、株式会社NTTデータ東海、日本アイ・ビー・エム株式会社、NECネクサソリューションズ株式会社、株式会社富士通関西システムズ 他

■中国での包括的業務提携SIer
CMMレベル5取得-東軟軟件分有限公司、海輝軟件有限公司
その他の提携先中国全土に約15社

■Books
(キーワード検索)

Copyright(C) 2001-2004 COSMOS.inc All RightsReserved